あ    くる        わたし
      逢いたさに狂うほど やせました私
       はし  が     のこ      き
      走り書きをひとつ殘し あなたが消えてから
       ほ   ほ   ほ 
      惚れて 惚れて 惚れぬいて
       な   な   な 
      泣いて 泣いて 泣きぬれて
      はい 
      灰になるまで ついてゆきたい
          とり  かえ
      ねぐらへ鳥が 帰ります
           あ             
      あなたに逢いたい

     まよなかきゅうこう まち つ      
      真夜中の急行で この街に着いた
      やどとびらたたおと          
      宿の扉叩く音は よけいにみじめです
       ほ   ほ   ほ 
      惚れて 惚れて 惚れぬいて
       な   な   な 
      泣いて 泣いて 泣きぬれて
           ひと
      ほかにいい女 できたでしょうか
     まくらだ   ねむ              
      枕を抱いて 眠ります
           あ             
      あなたに逢いたい

       なに   ふじゆう  く    ころ 
      何ひとつ不自由なく 暮らしてた頃が
         ゆめ うそ    こころみだ    
      まるで夢か噓のようで 心が乱れます
       ほ   ほ   ほ 
      惚れて 惚れて 惚れぬいて
       な   な   な 
      泣いて 泣いて 泣きぬれて
      はだ だれ  ゆる      
      肌は誰にも 許したくない
      な   はな  さ 
      名もない花が 咲いてます
           あ             
      あなたに逢いたい

小安 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()